-

自動車重量税、別称重量税というものは日本の車あるいはイタリア車という自動車の生産国やミニバン、ステーションワゴンなど自動車のタイプも例外なく、ホンダやクライスラー、などでも通常負担が必須な税金なんです。77-10-142

新車登録をする場合もしくは車検に出す場合に納税が必要になるものになります。77-11-142

支払額はクルマのウエートによって決定されます。77-2-142

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く異なるもののため、基礎を学んで一緒にしないようにしなければなりません。77-14-142

「自動車重量税とはクルマの大きさで」「自動車税とは自動車のリッター数で」その税額が異なります。77-12-142

そして、引き取りする場合の扱いも変わってきますので注意しなければなりません。77-13-142

中古車を手放す時には支払い済みの自動車の額がどれだけ残っていたとしてもその税金が返還されることはありませんが、一方で自動車税の時は支払い済みの税金を買取額に上乗せしてくれるという事例がなくはないですが重量税の場合は上乗せしてくれるといった事例はほとんどありません。77-15-142

重量税の場合は自動車を売る際既に納付した額があるからと言って車の買い取り専門店側でそのことが配慮されるケースは少ないと思います。77-3-142

そのためその次の支払いつまるところ次の車検まで売却を保留し手放すという方法が一番良いと思います。77-16-142

自動車引き取り時は考慮されないのが重量税ですが、特定の場合では戻ってくることがあります。77-9-142

この事例というのは次の車検までの期間が残っている車を廃車として処理する際です。

というのは廃車登録をした際に、残っている期間に応じた金額が返金されます。

しかし、売却の場合はその車が廃車されるのとは違って戻ってきません。

さらにクルマの名義の変更をしてしまったケースや、盗難にあったケースなども返金してもらうことはできません。

重量税の残存期間がある愛車を手放すということは、要は車検期間がまだある中古車ということです。

店側も忖度しますから重量税が残存していればそこそこ買取金額はあがると思います。

当然売却額は業者次第で違ってきますが車検がまだあることを考慮していただければ、車の買取額からみるとそれほど払い損ということもありません。

Category