-

自動車を売却するときや、また所有車の売買時もどちらも印鑑証明が必要になります。78-11-142

この印鑑証明という書類に関して解説しましょう。78-2-142

印鑑証明というのはある印鑑が実印で間違いないという事実を証明する目的を持つ公式な書類です。78-16-142

これがないとその印鑑について実印として効力を持つことが裏付けられません。78-10-142

決して小さくない商談になる車の買取ですからどうしても実印が要ることになりますがその時に印鑑証明という書類が登場します。78-7-142

印鑑証明という書類をつくるにはまず印鑑証明の手続きをする必要があります。78-15-142

書類に登録する印鑑は正式には実印と言われ、同じものが二つとない印鑑であることが条件です。78-8-142

実印を準備して、自分が住む役所の窓口に行くことで印鑑登録をすることができます。78-19-142

印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードなるものがもらえて登録が完了したハンコは実印として認められたということになります。78-4-142

印鑑証明を交付してもらうには、市町村役場の案内係へ出向き専用の書類に必要事項を記載して印鑑登録カードを持って行く必要があります。78-14-142

それから、自動交付機でも交付してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはないのです。

ですからどれだけ前の印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は持続することになります。

しかしながら、自動車売却の際は効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものである必要があります。

ほとんどのケースで期限を定める必要はないのですが車両の売却の際は店側が有効期限を定めていますので仮に中古車の売却予定の車があるとしたら、あらかじめ準備しておくとスムーズに進みます。

Category