-

自己破産手続きをしたとしても公的機関などから親族に直接事実関係の報告などがなされるなどということはありません。ぷりぷりプリンセス ブログ

したがって家庭には事実が知れ渡らないように自己破産が可能だとお思いかもしれません。敏感肌30歳からのスキンケア

ただ、実際には自己破産申請を申し込む際に役所などから同居中の親族の賃金を証する証書や預金通帳の写し等といった証明書類の提供を余儀なくされるというといったことがありますし、借入先から家族や親族へ書類が送られるような場合もままありますので、近親者に秘密が明らかになってしまわないように自己破産ができるという100%の保証は得られないと考えられます。ゴルフ場予約格安

親族に秘密にして後になって知られてしまうこと比較すれば、最初の段階で嘘偽り無しに相談をしてご家庭のメンバー全員が協力し合って破産の手続きをしていく方が無難といえるでしょう。かつおの保存方法

また、別々に住んでいる家族や親族においては破産の手続きを実行したことが気付かれてしまうなどということはほとんど心配する必要はないといえるでしょう。

妻または夫が負う責任を消滅させるために離婚届の提出を計画するカップルもいるようですが実はたとえ婚姻関係を結んだ間柄だと書類で認められている場合でも基本的には当人が(連帯)保証の名義人を請け負っていない限り民法上では拘束はないのです。

ですが、保証の名義人を請け負っているときは婚姻関係の解消を実行しても民法上の責任に関しては残存すると認められるため支払義務があると考えられます。

だから離婚届の提出を行うことさえすれば負債の支払に対する強制力がなくなるようなことはないのです。

さらには現実として債権者が借入者の家族や親族に支払の督促をするようなケースもありますが、保証人ないしは連帯保証人でないケースであれば親子間あるいは弟と兄という類いの家庭間の借金であっても借りた人以外の家族や親類に法律の上では法的な支払義務は認められないのです。

実際は借りた会社が法的な支払義務のない家族に向けて督促を実行することは貸金業の規制法における金融庁の運営規則の中で固く禁じられているため支払の請求の実行方法によっては支払いにおける催促の規制に違反することになります。

なので法的な支払い義務が存在しないにも拘らず破産者の家族や親族が支払の請求不当に受けてしまったというならば借入先に対し督促を直ちに止めるよう警告を発する内容証明郵便を送ると良いでしょう。

人情話風に、借り主のことがとても不憫だからということで借りた張本人以外の家族が借入金を代わりとして返すということも聞きますが債務をもつ本人それに自立の心を忘れていつまで経っても多額の借金を反復することが少なくありません。

ですから本人の立場で考慮すれば厳しいかもしれませんが本人の力によって借入金を弁済させていくかそのようなことが見込めないのであれば自己破産申し立てをさせた方が本人の長い人生には良いと言えます。

Category

リンク