-

  2014年2月8日は全国的な大雪に見舞われたため、交通機関をはじめとして多くの人たちに影響が出ました。その中でも、大ダメージを受けたのが各種宅配サービスだと私は思います。  宅配サービスというのは、基本的に自動車やバイクが通常通りに運転できるということを前提にして成り立っているサービスです。しかし、記録的な大雪になってしまえば二輪のバイクはもちろんのこと、四輪の自動車ですら正常に運転することはできません。  それは、普段5分ほどで行ける場所でもその何倍も時間がかかってしまったり、スリップして事故を起こしてしまったり、雪に阻まれて立ち往生してしまったりなどするからです。ですから、宅配サービスにとって大雪というのは、まったくありがたくない自然災害の1つだと私は思います。  そして、それは雪がやんだ後でもその影響が残り、宅配サービスをしばらくは苦しめます。ですので、宅配サービスは冬の天気をとても気にしながら業務をこなしていると私は思っています。

Category

リンク