-

ローンなどの引き落し方法というものはクレジットカード会社の方針によって違いというものがありまして多様な方式が導入されております。基本的には残高スライド方法やリボルディング方法が選択されているみたいです。このような誰もが知っているリボルディング払ですけれども、本当のところ算出方式に多くの方式があります。またそのよう法により返済合計額が違ってきてしまうわけですから理解することで負担はないと思います。じゃあ易しくこの2つの手法のギャップに関してを説明します。はじめは元金均等払いというもので次は元利均等払いです。両者は読んで字のごとく元金に関してを均等にして返済していくというものと元金と利子についてつごうで均分に支払っていくという方式になります。この場では仮に10万円借金したとして実際上どういう算出をしていくのかみてみましょう。利回りは双方とも15%として計算します。リボルディング払についての支払額を1万円と設定して計算します。まずは元金均等払いのほうからです。こうした場合の初回の支払いに関しては1万円に対して利息分1250円を足した額となります。次の返済は1万円に利息の1125円を加算した支払になります。こういうふうにして全10回で返済を済ませるという方式です。一方元利均等払いというのは最初の支払いに関しては1万円ですがそこから元本に8750円利子へ1250円といったように割り振るのです。その次の引き落しについては元金が8750円に減った状態で利子を勘定し、その1万円から再度分配するのです。詰まるところ、元利均等払いのケースは10回で支払が完了しないという勘定になったりします。たったこれだけのへだたりで両者がどのくらい相異なってるのかが十分ご理解頂けたことと思います。元利均等とは元金均等と比較し、はっきりと元が減少していくのが緩やかという不具合というものが存在したりするのです。言い換えれば金利というものを多く支払うというような状況になります。一方、1回の返済が少なくて済むというような長所もあります。こういう支払い手法に関するギャップに連動して支払合計額というものが異なってきたりしますので自身の返済計画に応じた使用法を取るようにしてみてください。

Category

リンク